TeXの準備

簡単なマニュアル

pLaTeXについて、以前のゼミ生が卒業制作でオンラインのマニュアルを作っています。

卒論で使いそうなのは、

  • 「改行・改ページをする」の中の改行をするとき空白行を入れる部分
  • 「文字を書いたまま出力する」
  • 「特殊文字を出力する」
  • 「下線を引く」の下線の引き方(プリアンブルに\usepackage{jumoline}と入れることを忘れずに)
  • 「箇条書きにする」
  • 「脚注・傍注を入れる」のうち脚注の書き方。ただし、EasyLayoutはそのままにして、論文の最後に改ページして最後に\後注というコマンドを入れる。
  • 「引用文を書く」
  • 「テーブル作成(表組み)」

くらいだと思います。分からないところはメールで聞いて下さい。

TeXのインストールとコンパイル

  • [[http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html]]のページの下の方にある「ダウンロード」の中の「最新版」をダウンロードして解凍し、abtexinst.exeを実行する。
  • 最後のインストールボタンで、エラーで次に進めない可能性がある。その場合には、途中のW32TeXのダウンロード先のサイトを、下向き矢印をクリックして別のサイトに変更するとうまくいく。
  • いろいろと(英語も含めて)聞かれるが、すべてOKないしYesの方向で、デフォルトのままインストールする。
  • ダウンロードしたあと「インストール」というダイアログが表示されるが、後半で、それぞれのソフトのインストールのダイアログが後に隠れたままになるので、まずは「インストール」のダイアログを脇の方にどかして画面の中央を開けておく。もちろん、他のウインドウは最初に閉じてから作業を始めること。
  • フレッツ光回線でネットに接続していても、インストールが終わるまでに15分くらいかかる。ほとんど全自動なので、設定に手間取るようなことはない。安心して待つこと。
  • デスクトップにTeXWorksのショートカットができるので、これを起動して、.texファイルを読み込む。コンパイルのことは、「タイプセット」と言っているので注意する。たぶん、「コントロール+T」がショートカットだと思う。
  • 編集にサクラエディタを使うときは、「サクラエディタ」からインストールする。書くのはサクラエディタで、コンパイルは同じファイルをTeXWorksで読み込んでコンパイルおよび閲覧するのがいいだろう。
  • EasyLayout.styの仕様で、.entファイル名を聞かれるが、それは無視してエンターキーを押す。それ以外のエラーはエディタで修正すること。
  • 段落を変えるときは空行を入れること。
  • 段落の最初は全角で一文字空けること。(半角スペース2文字ではなく)
  • &、_、\ (円記号およびバックスラッシュ)、<、>などは、TeXでは別の意味で使われるので、そのまま記述はできない。去年のDTP演習のテキストあるいは自分で作成したマニュアルを見て対処すること。基本的には、文書の中のコードやHTML、CSSなどは\verb|コード類|というように囲むこと。ただし、この| |の間では改行されないので、長い単語を囲むことはしない。最終的には出来上がりを見て、微調整する必要がある。

  • 最終更新:2015-12-07 19:37:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード